ぐんま観光おもてなし隊

活動ブログ

大蛇まつり☆老神温泉

2019.5.11

みなさんこんにちは!

ぐんま観光おもてなし隊です!(^^)/
今回は5月11日に老神温泉で行われました、
大蛇まつりでのぐんま観光おもてなし隊の様子をお送りします!

体長30mの大蛇を数十名の人数で担ぎ、振る舞い酒と共に温泉街を駆け巡る「大蛇まつり」は、
老神温泉の名前にも由来する「大蛇」への感謝を示す老神温泉で最も大きなイベントです。

はるか昔、赤城山の神と日光男体山の神が今の戦場ヶ原で争いました。
互いに「蛇」と「ムカデ」に化けて激しく戦いましたが、
矢傷を負った 蛇は老神の地まで戻り、体の矢を抜いて地面に刺しました。
すると大地から温泉が湧き出し、湯に浸かった蛇はすぐに回復してムカデを追い返しました。
これによりこの土地は「追い神」と呼ばれ、今の老神温泉の名の由来となりました。
赤城山の守り神であり、万病に効く温泉を見つけてくれた「蛇」への感謝の気持ちを込めて、
老神温泉では例年「大蛇まつり」を開催しています。

昼間は元気なちびっ子たちによる可愛い「子供みこし」が通りを練り歩き、
夜は大人たちによる「若衆みこし」が街に繰り出します。
「子供みこし」に使われるの全長20mの蛇は、平成28年9月17日に開催された東京都品川区の魅力発信イベント
「しろへびサミットinしながわ」において貸し出されました。


ぐんまちゃんは、子どもみこしの応援に駆けつけました!

お天気も良く、大変盛り上がりました!(^^)!

また来年も会えるのを楽しみにしています。

  • シェアしてね!