ぐんま観光おもてなし隊

コンシェルジュ観光コラム

10月コラム「ぐんまの秋、どこから楽しむ?」

2018.10.4

皆さんこんにちは!(^^)/
ぐんま観光おもてなし隊です。

すごしやすい気温の日も増え、さわやかな秋晴れの日々が続いていますね。
群馬県はこれからの季節も、たくさんの自然をいろんな角度から楽しむことができます!

特に、秋の景色といえば紅葉!たくさんの自然に恵まれた群馬県は、その山々の高低差、気温差で紅葉を長い季節楽しめます。


こちらは、群馬県沼田市の「吹割の滝」。『天然記念物及び名勝』に指定された吹割の滝は、高さ7メートル、幅30メートルにおよび、ごうごうと落下・飛散する姿から東洋のナイアガラとも呼ばれています。

こちらは、みなかみ町の諏訪峡。利根川沿いに続く渓谷で、散策路をゆっくりと歩けば、ラフティングをしているボートに出会うことも!?紅葉に合わせて、みなかみ18湯めぐりもいいですね。


ラフティングとは違って、ゆったりてこぎボートから紅葉の景色を楽しめるのは、榛名湖。湖畔の周りでは、秋桜(コスモス)やススキも見ることができます。とても綺麗で、夏から秋への移り変わりを感じます。

湖は碓氷湖もいいですね。碓氷湖は坂本ダムにより碓氷川と中尾川の合流点をせき止めてできた豊かな緑に囲まれた人造湖で、一周1.2kmの遊歩道が整備されています。
鉄道廃線敷を整備した遊歩道「アプトの道」の途中にあり、めがね橋をイメージした朱色の橋がかかる湖面には周囲の木々が映え、ウォーキングの立ち寄り場所として多くの観光客が訪れています。


最後は、渡良瀬川に沿って走る「わたらせ渓谷鐵道」!ローカル列車から見る風情ある紅葉景色。
高津戸峡などの紅葉名所をご覧いただけます。ローカル列車に揺られてもみじ狩りにでかけましょう♪

そして、もみじ狩りを楽しんだ後は!群馬県には各地にそれぞれ個性的な温泉が存在します。
ほかにも、山の恵みは目から楽しめる紅葉だけでなく、様々な果物や木の実、キノコがこれから収穫期を迎えます。果物狩りでお腹も満たして、いろんな群馬県の「秋」をぜひ☆
オリジナルコースで満喫してくださいね♪

  • シェアしてね!