ぐんま観光おもてなし隊

コンシェルジュ観光コラム

4・5月コラム「春爛漫♪群馬県のお花情報Pt2!」

2018.4.26

皆さんこんにちは!(^^)/
ぐんま観光おもてなし隊です。

群馬県ではお花見シーズンも終わり、新生活に入った皆さんも少しづつ毎日に慣れてきた頃でしょうか。
気持ちに余裕が出てきたら、お外に出かけて春の自然に触れてみませんか?

先月のコラムでは、桜のほかにも楽しめる早春のお花をご紹介しましたが
今回はお出かけに最適な群馬県のおススメお花スポットをご紹介いたします!(^^)!

まずは歌にもなっている、

多彩な花々が咲き乱れ、初心者でもハイキングを楽しむことができます。
また、片品村には約200軒の温泉宿泊施設があり、のんびりゆったりと田舎を満喫することができます♪
特に有名なお花は「水芭蕉」!白くて可憐な素敵なお花です🌼

4月も終わりに近づいている今、ちょうど見ごろを迎えたとのことです!ぜひ足を運んでみてください♪

次は上毛かるたにも「花山公園つつじの名所」と謳われている名勝地、館林市の「つつじが岡公園」!

公園内には、ヤマツツジ、キリシマツツジ、リュウキュウツツジなど約50品種1万株におよぶツツジが育成され、ヤマツツジの古木は樹齢約800年とも言われています。
米国のツツジ、シャクナゲ協会会長D.リーチ氏の折り紙つきで、国際花と緑の博覧会で最高の「名誉賞」を獲得しました。江戸キリシマ古木群があるのはここだけで、宇宙つつじもある納得の世界一です。
ツツジの開花期間の4月上旬から約1カ月は有料期間となっております。例年の見頃は4月中旬~5月上旬です。

お次は嬬恋村の「浅間高原シャクナゲ園」!

シンボルでもある、広大なキャベツ畑の奥に、浅間高原シャクナゲ園はあります。
三ツ尾根山麓に広がる浅間高原シャクナゲ園では5月中旬~6月上旬にかけておよそ15万株ものシャクナゲが咲き乱れシャクナゲにちなんだイベントも数々行われています。
浅間高原シャクナゲ園は、ハイキングコースになっているので、お弁当持参でぜひ出かけてみてください♪

体力に自信が無い方も、駐車場からすぐにシャクナゲ畑が広がっていますので、「歩くのはちょっと・・・」と、いう方も、気軽にシャクナゲが楽しめます。

群馬県はその山の多さから、同じ花でも高低差のある土地で季節を長く楽しむことができます。
皆さんの住んでいる町でも、今見ごろの花々が春をお知らせするように咲いているのを見ることができるかも?
今年は急にあたたかくなったので、開花が少し早まっているお花も多いようです。

各市町村のホームページや、ググっとぐんまのホームページなどもぜひチェックしてみてくださいね♪

  • シェアしてね!